新・外為オプションでは3種類の取り引きが楽しめる!!

新・外為オプションでは、旧タイプの外為オプションがひとつしか用意していなかったオプション・タイプに比べ、3種類のものを用意しています。トレーダーの得手不得手もありますし、その時点での経済状況などで分析が難しい場合もあり、ひとつのオプションタイプではどうしても利益を出しにくくなり、手を出せないケースも多々発生しました。

 

しかし、新・外為オプションのように3種類ものオプション・タイプがあれば、どんなシチュエーションにおいても分析結果に沿った投資をしやすくなり、結果的に利益獲得チャンスが増大するのです。

 

しかも、それぞれの判定方法用に見やすい画面を用意しているので、新・外為オプションからできるようになった売却を始めとしたリスクヘッジなどのテクニックを駆使するタイミングもばっちり見極められそうです。

 

新・外為オプションのオプション・タイプ

では具体的にどんなオプション・タイプが新・外為オプションに用意されているのか見てみましょう。

ラダーオプション

これは従来のHigh/Lowとほとんど同じもので、開始レートが終値に比べて高いか低いか(円高か円安かなど)を予測して投資するものです。トレンド相場と非常に相性がいいと言われており、一方向に向かってレートが変動しているときには非常に有利なものです。正式には上がっている場合はラダーバイナリーコールオプション、下がっている場合はラダーバイナリープットオプションと呼びます。

レンジインオプション

一般的にはレンジと呼ばれる判定方法で、終値のレートが投資していた一定のレートの幅の中に入っていれば利益確定です。幅を持った分析ですから、ある程度安定しているような、いわゆるレンジ相場のときに有効です。正式にはレンジバイナリーコールオプションと呼びます。

レンジアウトオプション

これはレンジインとは逆に、決められた幅の外側に終値が届いていた場合に利益が確定するものです。幅の上でも下でもどちらでもOKです。経済指標などの発表で大荒れになる時期に向いています。正式にはレンジバイナリープットオプションといいます。

 

このように、新・外為オプションでは3種類の判定方法でトレーダーの取引環境をより利益獲得しやすいように整えているのです。


このページの先頭へ戻る